それが僕には楽しかったんです。

いろんなレイヤーに居ます

Laravelの動く環境をdocker-compose(PHP 7.2 + nginx + MySQL)でいい感じにする

はじめに

Laravelを

$ php artisan serve

で動かすのにすごくモヤモヤしていたのでdocker-compose をつかってLaravelのプロジェクトが動くインフラ(PHP 7.2 + nginx + MySQL)を構築してみたからまとめる。

ディレクトリ構成は以下の感じになった。

$ tree -L 1
.
├── LICENSE
├── README.md
├── app
├── artisan
├── bootstrap
├── composer.json
├── composer.lock
├── config
├── database
├── docker
├── docker-compose.yml
├── package.json
├── phpunit.xml
├── public
├── readme.md
├── resources
├── routes
├── server.php
├── storage
├── tests
└── webpack.mix.js

完全に好みである。

docker-compose

例のファイル(docker-compose.yml)を書く。

version: '3'
services:
    nginx:
        build:
            context: ./docker/nginx
        depends_on:
            - php
        ports:
            - 80:80
        volumes:
            - ./:/src

    php:
        build:
            context: ./docker/php
        environment:
            DB_HOST: mysql
        volumes:
            - ./:/src

    mysql:
        image: mysql:5.7
        volumes:
            - ./docker/mysql:/var/lib/mysql
        environment:
            - MYSQL_ROOT_PASSWORD=root
            - MYSQL_USER=sample
            - MYSQL_PASSWORD=sample
            - MYSQL_DATABASE=sample
        ports:
            - 3306:3306

見ればわかるようにプロジェクトルートを/srcとして設定している。
コンテナ側では基本的に/srcに入るようになっていてそれを公開する形になっている。

またこの設定ファイルにあるように、docker-composeで使用するコンテナの設定ファイル群は./dockerディレクトリ以下にある。
PHPのDockerfileは以下の通り

FROM php:7.2.8-fpm
RUN docker-php-ext-install pdo_mysql mysqli mbstring
WORKDIR /src

PHP 7.2を持ってきている。


そしてこれがnginxのDockerfile (./docker/nginx/Dockerfile)

FROM nginx:latest
COPY ./default.conf /etc/nginx/conf.d/default.conf

こっちが一番重要なnginxの設定ファイル (./docker/nginx/default.conf)。
今回は、https化まではしていないから結構シンプルになっている。

server {
    
    listen 80;
    server_name _;

    root /src/public;
    index index.php;

    access_log /src/docker/nginx/logs/access.log;
    error_log  /src/docker/nginx/logs/error.log;

    location / {
        try_files $uri $uri/ /index.php$is_args$args;    
    }

    location ~ \.php$ {
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
        fastcgi_pass php:9000;
        fastcgi_index index.php;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
    }
        
}

諸々のパスはコンテナ側に準拠している。
そして一番重要なのがrootを設定すること。

Laravelではpublicディレクトリ以下のindex.phpにアクセスが飛ぶためここをrootに設定する。

環境を立ち上げる

ログファイルを格納するディレクトリを作る
$ mkdir ./docker/nginx/logs

MySQLで使用するディレクトリを作る、このディレクトリはignoreしないとgit add できなくなる
$ mkdir ./docker/mysql

githubで管理した時にignoreされたファイルをなかったら作る
$ echo '' >> ./storage/logs/laravel.log

権限を与える
$ sudo chmod 777 -R ./storage/ ./bootstrap/

$ composer install

Laravelのおまじない
$ cp .env.example .env
$ php artisan key:generate

$ docker-compose up -d

これでLaravelが動く最低限の環境ができた